« キリスト教葬儀は御国への希望と慰めのため | トップページ | キリスト教のお墓の意義や重要性と実例 »

2017年9月25日 (月)

キリスト教の墓石デザインの事例や日本での形式

キリスト教墓石デザインの事例や日本での形式。

キリスト者お墓ナビ。
クリスチャンのお墓の意義や埋葬方法。
日本で生活している人が基督教の洗礼を受けるとき、ぶつかる悩みというのは墓守りをどうすればいいのかではないでしょうか。
一人っ子といういことでお墓を守らなけらばいけない男性。
夫が代々の墓石を継いでいる家庭であるため、自らもそこに骨を埋めなければならない基督教を信仰している奥様。
夫婦が信じている宗教が別々のようなとき、別々のお墓を造るのか。
お墓は、氏族にしてみれば甚だ大切な物事ですから、揉め事になることが多いですよね。
基督教信仰者が墓を用意する趣旨は、蘇りの日のために安置しておくということです。
この世の終末には、あらゆる人類が復活させられて、最後の審判を迎える時が来ると聖なる書物に啓示されています。
まったく、骨や体と無関係ではございません。
イスラエルという国のオリーブ山では、救い主の再臨の時に直ちに肉体が眠った状態から生き返らされて、救い主のもとに携挙されるために、あまたの信仰者が石棺の中に埋葬して備えています。
こういった基督教の復活信仰を基に石棺に肉体を置くのが、キリスト教信仰者にとってお墓の重大な意義です。

« キリスト教葬儀は御国への希望と慰めのため | トップページ | キリスト教のお墓の意義や重要性と実例 »

キリスト教 お墓」カテゴリの記事