2017年9月25日 (月)

キリスト教葬儀を火葬のみで行うことは可能なのか?

キリスト教葬儀を火葬のみで行うことは可能なのか?

キリスト教信仰者告別式窓口センターの火葬だけの式は前の夜の式を省略します。
中身は短いですが、司式者が寄り添い奉仕します。
キリスト教の告別式で聖書を語る司式者の派遣だけでも可能です。
周辺の葬式会場に会員になっているけれども、司会者は信頼の置ける聖職者にお願いしたいという喪主様に。
マザーのためのクリスチャン火葬式を、御令息からご注文仰せつかりました。
高齢である母君は、約四十数年前に米国の教会で牧師に洗礼を受けたようです。
けど、帰国してからはこの国の教会に通うことができず、頻繁に礼拝へ参加することは多くなかったようであります。
容体を崩して入院してから、お見送りの形式はキリスト教式でして欲しいと願いを託され、ご令嬢が親族を説得したようです。

キリスト教葬儀社の連絡先や生前相談窓口

キリスト教葬儀社の連絡先や生前相談窓口。

お母様のための教会員葬礼をご自宅で執り行いたい、というご希望をお嬢様より受けました。
お先にお亡くなりになられたお父さんは熱心にチャペルに出席していて、マザーもご一緒に教会にいくこともよくあったようです。
旦那さまが他界してから、熱心に聖書を勉強するようになったようです。
牧師に洗礼を授かったわけではなく、宗教団体に加入していたわけでもないですけれども、お母様のためにチャーチの聖職者に祈祷して欲しいというご希望を仰せつかり、家でキリスト教信仰者告別式を開催させていただきました。
まずはクリスチャン葬礼援助受付にご連絡ください。
逝去した地域に寝台車でお迎えに伺います。
そして、親族の皆さまと棺に納めることをさせていただきます。
火葬場に行動して、逝去した方を告別します。
牧師が御遺族をお導きします。
故人様の地上での歩みに感謝しつつ、お祈りを捧げる時を持ちます。
牧師が好適な聖なる書物のみ言葉を宣言します。
召された方を火葬して、思い出を語ります。

キリスト教葬儀にかかる費用や事前相談とお見積もり

キリスト教葬儀にかかる費用や事前相談とお見積もり。

お母様のためのキリスト者葬儀を、ご長男よりご注文いただきました。
85才である母君は、かれこれ40年前にアメリカの長老派教会で牧師に洗礼を受けたようです。
でも、帰国してからは和の雰囲気のチャーチに溶け込めず、さほどチャペルに通うことは無かったようであります。
体の調子が悪化してターミナルケアを受けるようになってから、お葬式はキリスト教式でやってほしいと希望され、息子様がご遺族を説得したそうです。
キリスト教であります告別式をしたいけれども、僧院の墓石はどうしたらいいのか?お骨を埋葬し直したいが、費用が抑えられる仕方は?キリスト教葬送援助受付では、お墓の手配や建立も支援しております。
葬送に必要な必要経費が高すぎるために、下げたい。
バブルの時には葬儀の費用に高額料金を費やしても、現代ではそうではない。
葬儀業者の人間は、ビジネスの話し方で遺族の悲しみに割り込んでくる。
家族の経済性の状況や信仰事情に合わせたお見送りを執り行うには何をすればいいのか?。
付加の必要経費が一切なく、総額の弔いコストを確かめるには?。
パンフレットを請求して、文章で必要経費を確認してください。

キリスト教のお墓の意義や重要性と実例

キリスト教のお墓の意義や重要性と実例。

父のためにクリスチャン告別式を、ご令息よりご依頼いただきました。
高齢で他界されたため、姉や妹様はだいぶ前に亡くなっているということで、遺族のみでの教会員追悼をご要望くださいました。
お父上もご親族も、特定の教会組織には加入していないのではありますが、神さまへの信仰はあり、ご家庭にてお身内と共に聖書勉強やお祈りを行うことがいくえにもあったそうです。
父君が信仰を抱いて息を引き取ったということで、ご遺族は寂しさはおありながらも、神さまの御許に導かれたということを信じているようでした。
何故かは分かりませんが日本社会では、キリスト教教徒は墓参りをしない親不孝者だというような偏見が広まっていますが、聖書を信じている人は墓前祈祷を行います。
クリスチャンが墓石を造る趣旨は、蘇りのために保存しておくためである。
世の終わりの時には、全ての人々が復活して、最後のジャッジメントを受けると聖書で教えられています。
断じて、骨や体と関連がないわけではございません。
イスラエルという国にあるオリーブ山では、クライストの再臨の日に直ちに死んだ状態から復活させられ、キリストのもとに携挙されて欲しいと、たくさんの聖書信仰者が石の棺の中に体を埋葬して備えています。
こういったキリスト教の復活信条のために石棺の中にお骨を安置するということが、クリスチャンにとってお墓の意味です。

キリスト教の墓石デザインの事例や日本での形式

キリスト教墓石デザインの事例や日本での形式。

キリスト者お墓ナビ。
クリスチャンのお墓の意義や埋葬方法。
日本で生活している人が基督教の洗礼を受けるとき、ぶつかる悩みというのは墓守りをどうすればいいのかではないでしょうか。
一人っ子といういことでお墓を守らなけらばいけない男性。
夫が代々の墓石を継いでいる家庭であるため、自らもそこに骨を埋めなければならない基督教を信仰している奥様。
夫婦が信じている宗教が別々のようなとき、別々のお墓を造るのか。
お墓は、氏族にしてみれば甚だ大切な物事ですから、揉め事になることが多いですよね。
基督教信仰者が墓を用意する趣旨は、蘇りの日のために安置しておくということです。
この世の終末には、あらゆる人類が復活させられて、最後の審判を迎える時が来ると聖なる書物に啓示されています。
まったく、骨や体と無関係ではございません。
イスラエルという国のオリーブ山では、救い主の再臨の時に直ちに肉体が眠った状態から生き返らされて、救い主のもとに携挙されるために、あまたの信仰者が石棺の中に埋葬して備えています。
こういった基督教の復活信仰を基に石棺に肉体を置くのが、キリスト教信仰者にとってお墓の重大な意義です。

2017年8月24日 (木)

キリスト教葬儀は御国への希望と慰めのため

キリスト教葬儀は御国への希望と慰めのため。

母君のためのキリスト教葬送を住宅にて行いたい、というご依頼を御令息からお聞きしました。
すでに召されたお父様は毎週聖日礼拝に参加していて、お母様もご一緒に礼拝をすることも頻繁にあった。
ハズバンドが他界してから、よく聖書の御ことばを勉強するようになったとお聞きしました。
バプテスマを受けたわけではなく、宗教組織に入会していたわけでもありませんが、母上のために本物の神父がお祈りしていただきたいとのご注文を受け、住居にて教会員葬送を行わせていただきました。
クリスチャンがお墓を建てる価値は、最後の審判の前の復活のために安置しておくということです。
世の終末には、全ての人々が生き返らされて、最後の審判を迎えるようになるというように聖書の御ことばで教えられています。
まったく、遺骨と無関連ではありません。
イスラエルの中にあるオリーブ山には、クライストの再臨の時に即座に墓の中から復活させられ、キリストのもとに携挙していただきたいと、多くのビリーバーが石の棺の中に体を埋葬しています。
こういったバイブルの復活の約束のゆえに墓石へお骨を置いておくということが、キリスト教として墓石の趣旨です。

キリスト教徒のお墓参りは墓前礼拝でお祈り

キリスト教徒お墓参りは墓前礼拝でお祈り。

神の御教えである復活信条を理由としてお墓に骨や遺体を置いておくのが、キリスト教信者にとって墓石の要旨です。
なぜか日本人の中では、キリスト教信仰者になったら墓参りをしないという固定観念広く認知されていますが、聖書を信じている人はお墓の前でお祈りを行います。
父の基督教弔いを、御令息からご依頼いただきました。
九十五歳でご逝去されたため、姉や妹様はもう他界しているため、家族オンリーでの基督教お見送りをご要望くださいました。
ご本人もご家族も、地域のチャーチには属していないようですが、信仰はあり、ホームチャーチにてご家族と一緒に聖日礼拝することがよくおありだったとおしゃっていました。
ファザーが天に召されるのを信じて亡くなられたから、喪主さまたちは傷心はおありながらも、天に召されたということを信じて委ねているご様子でした。
キリスト教信者墓石案内。
キリスト教のお墓の意味や埋葬の仕方。
日本で基督教の洗礼を受けるとき、取り組まなければならない難儀は家のお墓をどうしたらいいのかではないでしょうか。
長男なので家のお墓を継がなければならない人。
夫が仏門の墓を継いでいる系譜だから、自分もそこに入らざるを得ないキリスト教を信仰している婦女。
夫婦が拝んでいる神の対象が別々の場合、お墓はどうしたらいいのか。